トリキュラーの画像

トリキュラーという言葉を耳にした事はあるけど、いまいちどんなものかわからない。ピルの一種なの?効能は?価格は高いの?使い方は?等々の様々な疑問を丁寧に解決していきたいと思います。

トリキュラーやアロマセラピーで苛立ちをコントロール

トリキュラーは婦人科で処方してもらえる薬で、低用量ピルという種類の薬になり、卵胞ホルモン薬と黄体ホルモン薬が有効成分として働き、妊娠した時のようなホルモン環境を作ることで排卵が起こらないようにしたり、子宮内膜を着床しにくい状態にすることで妊娠を防ぐ効果を得られるようになっています。
そのようなトリキュラーは経口避妊薬として利用する人だけでなく、生理痛や月経前症候群を改善する目的で処方を受けている人たちもいます。
月経前症候群はPMSとも呼ばれており、毎月、生理前の時期に気持ちがイライラしたり、憂鬱になったり、怒りっぽくなったりの精神的な症状が出る場合や、肌荒れやニキビ、下腹部のはり、むくみなどの身体的症状が出ることがあり、悩まされている女性が多い症状です。
何故PMSが起こるかと言うと、排卵前後に卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスが変動することによって身体や精神に影響があり、起こっていると説明されています。
そこで、PMSによる精神的な不調をコントロールするためには、アロマセラピーを利用して気持ちを落ち着かせるなどの方法が使われていましたが、人によって効くかどうかの差があることが問題点でした。
しかし、トリキュラーなどの低用量ピルを飲むと、排卵を起こらなくするためホルモンバランスがあまり変動せず、それに伴ってPMSの症状が軽減されるメリットが大抵の場合得られるので、アロマセラピーで効果が無かった人にもおすすめと言えます。
他にも、トリキュラーを飲んでいる人には、生理の時の出血量が減ったり生理痛が改善するという副効用もあるので、PMSに困っているという人は、トリキュラーを飲んでみてはいかがでしょうか。
また、トリキュラーなどのピルを使うと生理日をずらすなどのコントロールも可能になるため、大事な予定のために生理をずらしたい人も婦人科で相談してみましょう。

上へ戻る